【書籍】弱さの研究~「弱さ」で読み解くコロナの時代~

¥ 1,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は2点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 370円
通報する

弱さの研究とは・・・

障害を持っている人たちというのを僕たちは要するにネガティブな存在として、僕たちというより社会が、とらえようとしているのかもしれないけど、僕はそうじゃなくて逆に力を与えてくれるんじゃないかというのが「弱さ」の研究をしようと思った理由です(本文より)

第1章 弱さの力
トークライブ「弱さの力」高橋源一郎×向谷地生良 司会:辻信一
対談「心の病を考える」糸川昌成×向谷地生良

第2章 先進国から学ぶ
べてるのルーツを訪ねる旅
スリランカという“先進地”

第3章 回復
病態失認(Anosognosia)
対談「弱さ」で読み解くコロナの時代

※本書はべての家の情報誌「べてるもんど」に連載された記事にあらたな内容を加えて編まれたものですが尽きることのない皆さんの「弱さの研究」の一助になることを願い、発行しました

著者 向谷地生良(社会福祉法人浦河べてるの家 理事・北海道医療大学教授)
   高橋源一郎(作家・元明治学院大学教授)
   辻信一(元明治学院大学教授・ナマケモノ倶楽部)
   糸川昌成(医師・東京都医学総合研究所副所長) 
   向谷地宣明(医療法人宙麦会理事・BASE代表理事)
   べてるの家の人々

発行所 (有)くんぷる
サイズ A5判 並製 224P